婦人

産後のセックスレスにもう悩まない|レスを乗り越えるためには

NEW POSTS

離婚する可能性がある

男女

産後のセックスレスが続くと、最悪離婚する可能性が強くなります。また、産後のセックスレスがお互いの愛情を確かめ合う事ができなくなるため関係も悪化するばかりでしょう。

二年経過でも焦らない

カップル

産後二年セックスレスの夫婦は珍しくなりません。解消するためにはお互いに歩み寄ることが重要でしょう。セックスレスを見事解消して、夫や子供への愛情を深いものにしていきましょう。

旦那側の主張

花

産後のセックスレスに悩む妻も多いですが、夫側も不満をもっていることがあります。それを知るとセックスレスを解消するヒントを得ることが出来るので覚えておきましょう。

ピックアップコンテンツ

原因を知ろう

積極的になれない理由

子供を出産すると、世話で大変なのでセックスを忘れがちになります。また、ベッドに入った時夫から誘いがあっても子供が隣にいれば中々できないでしょう。産後、こうした行為に対し嫌悪感を抱くことも珍しくなく、それが原因でセックスレスになることもあります。また、妻側も出産前の状態ではないため性行為に踏み込めないのは理解すべきです。とはいえ産後、セックスレスが長引くと夫婦の間に溝が発生するので関係がぎくしゃくすることも考えられます。昔のようにまた仲良く暮らしたいと思うなら、産後のセックスレスを解消する努力を自ら行なう必要が出てくるでしょう。

傷が心配

帝王切開の場合、お腹を切開して出産をするので直接性器に影響を及ぼすことはありません。産後一か月経過すれば普通に性行為が出来るでしょう。しかし、産道を通って生まれた場合会陰切開をすることがありますが性行為の影響で傷が広がる可能性もあります。それを懸念してセックスを拒み続けることもあるでしょう。大事をとって一か月性行為を控えると完璧ですが、恐怖感が拭えないといきなり性行為にもっていくのは酷かもしれません。夫側はその気持ちをしっかり理解する必要があるため関係を良好にするためにもじっくりと歩み寄っていきましょう。

体系が崩れている

産後、膣が緩むのは普通のことです。また、いざ性行為を再開しても締まりが良くないという理由で辞めてしまう夫もいます。改善策としては、膣のゆるみを改善するトレーニングを毎日行なうことでしょう。女性専門のクリニックでも膣関連の治療をしているので、トレーニングをするよりも早く膣の締まりを実感できます。同時に女性ホルモンが増えて肌ツヤも良くなるでしょう。